fusaya_bana_s.jpg fusaya_bana_s.jpg 

2009年01月09日

(有)今里の原価管理システム・・内職センター

(有)今里は、法人化(現在17期)の以前よりIT化による業務改善に取り組んで来ました。福岡県中小企業家同友会の皆さんと、勉強会98クラブで、モノ珍しかったパソコンと悪戦苦闘しながら勉強したことが、今では大いに役立っています。
家庭内職の奥様方100名以上に、房加工をお願いしていますが、商品アイテムが多いうえ、工程も多く、これを少人数の社員で管理していくには、パソコンに頼るしかありません。
(株)エム企画の松浦社長とは、長い長いお付き合いで、我が社の「原価管理システム」構築に、大変お世話になっています。立ち上げ当初は、私も若かったし、徹夜同然の毎日で頑張りましたが、分からないことが出てくると、夜中だろうと時間お構いなしに電話で問い合わせをしたことを、懐かしく思いだします。
社員の皆さんも、パソコンを触ったこともない家庭の奥様ばかりですが、皆さん一生懸命パソコンの操作を勉強して、家庭内職中心の房加工を支えてくれています。
そうは言いながらも、我が社独自の原価管理システムですので、チョクチョク不具合が発生し、なかなか「完成」したといえない状態が続いています。
20年以上の歳月がかかっていますが、何とかホボ満足のいく形に仕上がったようです。昨日松浦社長に来社していただき、「原価管理システム」の操作マニュアルの最新版について、説明会をしてもらいました。マニュアルの印刷に第5版となっています。

我が社は「房と結びの専門店」ですが、別の切り口で見てみると独自の管理システムを構築して運営している「内職センター」です。このシステムを活かした経営も考えてみたいと思います。

まだまだ、IT化は、次々と課題が出てきそうで、ゴールが見えませんが、これも「生き残り」策で欠かせない案件です。


↓今日もポチッとクリックをお願いいたします
blog_ranking.png
人気blogランキングへ
posted by fusaya at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25326545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック